« 2010年9月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

やさいの畑 その1

料理教室でいつもお世話になっているエコファーマーの野菜、
初めて食べて
「野菜がおいしい、ってこーいうことなんですね~」なんて言って下さる参加者がいます。

おいしいのはもちろんですが、実は野菜の畑での姿って、皆さん割と知らないのでは?
私が畑に通うようになった頃、
「え~、まるで水道管!」(これは、ズッキーニでした)とか、
「畑では丸くないんだ…」(これは、キャベツです)とか、
発見が沢山あって、楽しかったのを思い出しました。

そんなこと、チョット知りたくないですか?
と言う訳で、お伝えしましょう!
今期は野菜畑の様子や野菜の直販情報を時々お知らせしますので、お楽しみに!


今、夏にむけてすっごく勢いのあるやさい畑、
トマトに、キュウリ、いんげん、キャベツ、ナスに人参、ピーマンとトウモロコシ、それに枝豆。
畑にそって深呼吸しながら歩いて、野菜のエネルギーもらってま~す。

clover今なら朝8時30分くらいから宮前2丁目五日市街道沿いエコファーマーでは、こんな野菜の直販してます。

トマト、いんげん、キャベツ、モロヘイヤ、ラディッシュ、二十日大根、小松菜、キャベツ、玉ねぎ
100円~400円/1袋

井草のエコファーマ-「三幸園」はコチラをコチラをご覧下さい
「三幸園」では、11月13日(日)に大根掘りを予定しています。110615_10580001


| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラダにやさしい、ココロにうれしい、オーガニックな生活。しませんか

「食材に拘れば、おいしくなる」この当然のことを、
エコファーマーの新鮮な野菜を頂くたびにつくづく感じてきましたが、
徹底的にオーガニックに拘ることで野菜のうまみを味わいつくす、
そんな講師に出会い新たな教室を開催することになりました。
L1000200

夏なのに土鍋料理です。

じっくりうまみを引き出すのに、土鍋はピッタリ、
しかも予熱を利用して調理する土鍋は、この夏の節電にも効果的です。

出来上がった料理は、元カメラマンの指導で写真に収めます。Img_1368


ブログにアップして思い切り自慢しましょう!

皆さまの参加、お待ちしてます!

日時:今週末6月11日(土)11時~14時

会場:阿佐ヶ谷市庭スタジオ(阿佐ヶ谷駅西口徒歩1分 Tel・03-6383-5628)

参加費:4000円


メニュー:フレッシュハーブを鶏肉の土鍋スープ、 ブラウンライスの夏みかんサワーソースサラダ仕立て、大根のサーモンロール  他   ※ ワインのご用意もありますが、別途料金を頂きます。

講師:新納平太(カメラ指導も)

持ち物:エプロン、三角巾、カメラ

申し込み:email/ytaneo@hotmail.co.jp またはfax・03-5936-1706

      お名前、連絡先をお知らせ下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月3日今期の「キッズキッチン」はじめまして

前期の3月の「キッズキッチン」が中止になり、本当に久しぶりのキッズキッチンです。
講師のえり先生の御親戚が東北に多くて心配しましたが、
とりあえず被災はなかったみたいです。

今回のテーマは「梅雨前に幹物を使いきろう」です。
幹物って、日持ちすると思うからどうもほったらかし。気がつくと変色してたなんて失敗談、ありますよね。

「そうは言っても、戻してから使う、って結構面倒。仕事から帰ってさぁ短時間で夕飯仕上げるぞお、って時には
頭に絶対浮かばない」、ですよね。
110420_15340002

それが、今回は「ちょっと目からウロコ」のレシピでした。
幹物って、戻し時間ゼロで使えるんですね。いやぁ、結構なレシピでした。
切干大根と干しシイタケの炊き込みご飯に、高野豆腐の唐揚げ、春雨のスープに白滝サラダ(これは幹物ではないけど)

子ども達からは、かっちかちで不思議な匂いの食材に、「おいしくなるの~?」なんて、不安の声も。
もちろん、おいしくなりました!

えり先生のレシピは、毎回アイデアいっぱいで最近はキャンセル待ちの人気です。
今期も期待してま~す!

それと、今期はちょっと新しい試みとして”種”を、参加の皆さんに配りました。
いんげんととうもろこし、それにお米の種。
写真が栽培セット、ベランダ栽培ももちろんできます。Taneset


実がなる頃に”収穫”して、キッズキッチンに持ちより一緒にクッキングしたい!
一番収穫が期待できるのは、いんげんでしょうか?
もし、立派なトウモロコシが収穫できたら、これは事件ですね。
キッズキッチンバーベキューパティの開催、間違いなく盛り上がります!

なんて、夢を描きながら”収穫”楽しみにしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月21日大人塾発表会:”雛ぷろ”開始!

05に始まった大人塾。
最近ではかなりの知名度?らしく、09、10まで加わり、多数の大人塾卒業生が相当な熱気で開催に取り組んでくれました。

今回のテーマは”つながりの発見、それを育てる。”
LIVEあり、お店あり、展示や相談会あり、大人塾卒業生の活動とネットワークが結集した、地域みんなのふれあいビレッジが出現。老いも若きも一緒に楽しめる「大人塾発表会」を体感して下さった方も多いのでは。
各ブースの売上の一部は、義援金として東日本大震災で被災した杉並区と「災害時相互援助協定」を結んでいる南相馬市に寄付するものでした。

私たちもも卒業生として、”雛Doll・カフェ”という1ブースを持つことになり、
ここではつるし雛作りを楽しんで頂きました。

「ナゼいまごろお雛さま?」
そうなんです。かなり季節外れ…、
但し目指すのは、来年3月までに沢山のつるし雛を作りためて被災地に送ろう!という企画のキックオフの場でしたので、
とにかく沢山の方に参加してつるし雛を作って頂きたかったのです。
結果は、良好。沢山の方が参加して下さいました。110521_11240001

110521_12300001小学1年生も参加、見事な仕上がりにビックリ。

来年3月までに,
被災地に寄りそう思いの分だけ沢山のお雛様を作って送り、ともに子どもの健康な成長を祈りたいと思います。名付けて”雛ぷろじぇくと”

”雛ぷろ”が、「大震災は起きてしまった、私たちにできることは何か」の今のところの私たちの結論です。

もともとは、単につるし雛を沢山作って来年3月に杉並区内のイベントに仕上げ、雛祭りの料理を併せて
楽しめる集いの場にしよう、という企画でした。
被災地に行けなくても、
一気に盛り上がった支援の気持ちを継続するためにも、
これから今よりずっと辛くなって折れそうになる心に寄り添うためにも、
こんな形の支援もアリかな、と。


継続してつるし雛作りに参加して下さる方、大募集です!

詳しくはチラシをご覧下さい。


「flier.doc」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本年度もよろしくお願い致します

本年度もよろしくお願い致します。
また、東日本大震災の被災地の皆さま、心よりお見舞い申し上げます。

一体この未曽有の惨事にどう向き合ったらいいのか、オタオタしてましたら、
「被災地に服を送ろう」や「靴を譲って下さい」とメールが入りました。

こういう時に、即行動に移せる人、ホントにすごい。

4月のマチュアランチサロンは、「こんな時に料理しておしゃべりしてられない」けど、「こういう時こそ、集まって情報交換するのが、マチュアのすべきこと」と、結局少しばかり中途半端な「お茶会」に化け、皆で桜餅を作りました。

Asakura

コレ、ネットから借用の写真ですが、実物もまぁこんなものです。
何を慌てたのかカメラも忘れて、このザマです。
最近は桜の葉の塩漬けが、どこでも手に入るので結構簡単に楽しめます。

で、私たちは即行動ができなかったけれど、
「大震災は起きてしまった、私たちは何をしたらいいか」
桜餅を頂きながら考えてみました。

ありそうです。もう少し考えがまとまったら、お知らせします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2011年7月 »