« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

3月夕焼け料理教室特別企画「おむすび大会」開催します

3月6日(金)に「おむすび大会」を開催します。

あなたの家の自慢のおむすびを、思いきり自慢しながらたくさんおむすび作りましょう。

「こんなのアリ?」の変わりおむすびも、登場するかもしれません。

もちろん「うちは基本タイプで、やってます」の方も大歓迎ですよ。

おむすび以外に”びっくり目玉焼き”作りをします。

さて、どんな目玉焼きができるのでしょうか。お楽しみに!

通常の実習ではありませんが、エプロン、三角巾、布巾をお忘れなく。

今回の企画は夕焼け料理教室の特別企画で、すぎなみ大人塾連有志によるものです。

詳しくは添付のちらしをご覧ください。

「omusubitaikai.doc」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴロゴロ、シャリシャリ、プチプチ(第4回夕焼け料理教室開催です)

今回のメニューは”お雛様にぎり、ゆで豚とホウレンソウのゴマ和え、魚のあら汁”です。

ポップコーン作りのおまけもありました。

親子の調理はお雛様握りとゴマ和えですが、特にゴマ和えがちょっとしたイベントとなりました。

たかがゴマ和え、されどゴマ和えです。豚肉を032ゆでるのは大きい子、その豚肉を切るのは中くらいの子、和えるのには小さい子も加わります。

すり鉢ですりこぎ棒をゴロゴロ回すと、シャリシャリとゴマがつぶれて香りが教室中に広がりました。ゴマをつぶす感触はゴマすり器では味わえない感触です。022

すりこぎ棒は片手で支点を作ってぐるぐるやってほしかったけれど、長いすりこぎ棒の端は子供たちが見上げる位置、ちょっと無理でしたね。大きくなったら挑戦してね、と言いたいけど果たして今すり鉢があるうちがどのくらいあるのでしょうか。031ハテ?024 030 一緒に021和えたホウレンソウは、もちろんエコファーマーのものです。今回は大根とネギも、エコファーマーの原田さん(宮前2-5)のものを使いました。 

お雛様にぎりはおにぎり作りから始めます。小さな手には小さなおにぎり、大きな手には「チョーでかい、笑える!」(ケンスケくん)くらい大きなおにぎりが出来上がりました。

小さい子は思うままににぎります。大きい子にはおにぎり指導を少々。それぞれが、おにぎりらしい形に仕上がりました。一番小さいマリちゃん(もう一人の小さな参加者ノゾミちゃん1歳は、お散歩に忙しかったので調理はパスしてました)もお母さんの心配をよそにきちんと参加。小さなおにぎりがころりん、と出来上がってました。

おにぎりに鶉の卵の半分をお顔にみたて、野菜で扇やしゃくを飾ります。

あら汁はデモのみとなりましたが、魚のうまみたっぷりのおいしさにできあがりました。是非ご家庭で再現してくださいね。

おまけは「ポップコーン作り」。透明の鍋の中で、期待通りプチプチとうまく跳ねてくれましたが、興味を持ってくれたのは大きい子だけだったみたいです。「トウモロコシでできてるの知ってた?」「知ってるよ。でもこんなに固いトウモロコシで作ってたんだ」(ケンスケくん)「ポップコーンって好きだけど、トウモロコシって知らなかった」(ユキミちゃん)。そうだね、こんなに変身してたらわからないね。新しい発見でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »